YURI INOUE

WORKS

抱擁 / ソファEmbrace / Sofa

京都市美術館(京都)
7-23ギャラリー(京都)

今作はソファに腰かけて壁に展示されたサテンの生地に映し出される、
女性のふともも(膝枕)を眺めるという作品です。
ソファには小さな鼓動音と共に動きだす振動機が組み込まれており、
心臓の鼓動を模した音と振動が座った人に伝わるよう設計しています。
今作では、至上の安らぎとは何かを形にすることを試みています。
ソファから一定のリズムで伝わる振動が自分自身の心拍数と微かに流れる振動が重なった時、
遥か昔に誰もが感じた、しかし思い出すことのできない、胎内の感覚とも思われる懐かしく不思議な安息を感じさせます。

素材 ソファ
布(サテン)
プリント
鼓動音(心拍数)
リラクゼーション振動機

BACK TO LIST