YURI INOUE Art Works by YURI INOUE

WORKS

in the twinking on an eye またたき

  • KUNST ARZTkyoto Japan

「またたく」という言葉の意味は、
目蓋を瞬間的に開けたり閉じたりする行為 < 瞬き > 光が明減するさま < 灯火が消えそうに明減するさまから > なんとか生きながらえている
という意味がある。

私には、消えてしまいそうで消えない灯火の なんとか生きながらえているというさまが 今を生きる光 記憶を辿る光に繋がるように思えた。
人が瞬きをしたとき、
一瞬の暗闇が生まれ人は瞬間的に時間の流れから離れる事が出来る。 暗闇の中の過去の記憶、いつか見た風景が残像として浮かび上がる。

人の何気ない瞬きは、ある日常の風景 でさえも かけがえのないものにする。

そして 時と共に今を生きる風景が想いとなり姿になる 人と目が合う
「もう一度、眼が逢いたい」 という 強い想いで臨みたい。

A word “Matataku” means to open and close the eye rapidly and to emit or reflect light in a flickering manner.

What is more, it reminds of that the light flicker, being about to go out and so means to manage not to go out. The idea struck me that the light being about to go out but managing not to go out link to the light living for the moment and one searching for memories. When you blink your eyes, the moment of darkness enables you to be free from the time flow for an instant.
Memories from the past in the darkness; in other words, scenes you’ve watched some time will be reminded. Casual blinking makes even daily scenes precious. Scenes living for the moment with time become your mind and figure. I want to address myself to the work with strong will to catch someone’s gaze, “I want to meet someone’s eye”.

素材

  • プロジェクター
  • アクリル製スクリーン

Material

  • projector
  • Acrylic plate or screen
BACK TO LIST

YURI INOUE Art Works by YURI INOUE