YURI INOUE Art Works by YURI INOUE

WORKS

ソファ Sofa

  • 7-23ギャラリー 京都

  • 京都市美術館 京都

今作はソファに腰かけて壁に展示されたサテンの生地に映し出される、 女性のふともも(膝枕)を眺めるという作品です。

This sofa has a vibrator starting up with the small sound of beating.

ソファには小さな鼓動音と共に動きだす振動機が組み込まれており、
心臓の鼓動を模した音と振動が座った人に伝わるよう設計しています。
今作では、至上の安らぎとは何かを形にすることを試みています。
ソファから一定のリズムで伝わる振動が自分自身の心拍数と微かに流れる振動が重なった時、
遥か昔に誰もが感じた、しかし思い出すことのできない、胎内の感覚とも思われる懐かしく不思議な安息を感じさせます。

The sound imitating the beating heart travels to who sit on the sofa. You appreciate a feminine thigh projected in the satin fabric on the wall while sitting on this. This work is the solid materialization which I think is the best situation of the peace of mind. When the vibration in steady rhythm and the small sound from sofa matches your own heart rate, you will bask in nostalgia and peacefulness as it were feeling of being in the mother’s womb that anyone had in the past.


素材

  • ソファ
  • 写真
  • 布(サテン)
  • 鼓動音(心拍数)
  • リラクゼーション振動機

  • sofa
  • Photo
  • cloth(Satin fabric)
  • the sound of a beating heart
  • Relaxation vibrator
BACK TO LIST

YURI INOUE Art Works by YURI INOUE