YURI INOUE Art Works by YURI INOUE

WORKS

pH pH

  • KUNST ARZT京都

自分の色について、表現したい。

I want to express our color. Our superficial color can be seen in the figure of ourselves reflected in mirrors or photos. However, I want to think about not such superficial color but my real color in the deepest.

鏡や写真を通して写し出される自分自身は、見慣れた自分自身の表面的な色である。
しかし、そのような表面的な色ではなく 奥底にある自分自身の本質の色について考えてみたい。

Our superficial color can be seen in the figure of ourselves reflected in mirrors or photos. However, I want to think about not such superficial color but my real color in the deepest.

人の3分の2は水で出来ている。
水に反応する溶液を思考していたところ、
ある研究者から受けた”pHという水の性質によって色が決まる薬品がある”
という指摘を糸口にしてこの作品は動き始めた。

pH(水素イオン指標)
酸性、中性、アルカリ性の強さを示す指標のことであり、通常0から14までの数字で表される。
0に近ければ近いほど強い酸性で、14に近ければ近いほど強いアルカリ性だと言えるが、この数字は
大抵の場合目に見えない。

今回の作品では、pHを可視化し、普段目にするものについてpHを通して見るという発想が、
奥底にある色、自分自身の色について考える鍵になったのである。

Two third of the human body is water.
This work started by the advice from one researcher, “There is a reagent changing its color
depending on the nature of water, pH.”


pH (potential of hydrogen)
pH is a scale ranging from 0 to 14 and used to specify how acidic or basic a water-based
solution is. Acidic solutions have a lower pH, basic solutions have a higher pH, but the
value can’t be seen as it is.

In this work, the idea of seeing daily things through pH by visualizing it became clue to think
about my color in the deepest.


素材

  • pH混合溶液
  • 写真
  • アクリル板

Materials

  • pH indicator solution
  • photos
  • acrylic plates,mirror
  • and me
BACK TO LIST

YURI INOUE Art Works by YURI INOUE