YURI INOUE Art Works by YURI INOUE

WORKS

防犯ライト Security Light

  • ギャラリーフロール京都

防犯ライトは、夜道を照らし人の暮らしを守るための道具として普及しています。
この道具の本来の役割は「防犯」ですが、
私には帰宅した際に点灯するライトから感じる家庭の安心感や温かさや、1日の仕事を終えた安堵感など、
まったく別の側面があることに面白さを感じます。
そこで、防犯ライトというご道具を用いた作品を提示したいと考えました。
今作では一般の家庭で使用されていた防犯ライトを、会場に設置しています。
ライトの前にはアクリル板(乳白)にラムダプリントを挟み込んだものが掲げられ、
そこにはもともと防犯ライトが設置されていた家屋が写っています。
写真を見るために前に立つとセンサーが可動してライトが点灯し、強烈な逆光となって鑑賞が妨げられる仕組みになっています。

This work consists of security light that had been used at one home. The lambda print showing the house in which the security light originally had been is put between acrylic sheets and hung out in front of the light. The light switch on when a sensor senses that someone stands in front of the picture to appreciate it, and then the backlight disturbs appreciation. A security light has spread as what ensure safety walking even at night.
Even comfort and kindness at home can be expressed by the light switching on at the time of return. You’ll realize there is the interest beyond the original role of “security”. I made this work while wishing for presenting opportunities to reconsider a security light.

素材

  • ラムダプリント(半透明)A1サイズ
  • 防犯ライト 
  • 乳白アクリル押し出し 2mm × 2枚

Material

  • Lambda print A1size
  • Security light
  • Acrylic plate
BACK TO LIST

YURI INOUE Art Works by YURI INOUE